FIFAワールドカップアジア予選まとめ。本選出場条件は?

当ブログは一部アフィリエイト広告を利用しています
日本代表
いっすー
いっすー

日本代表のワールドカップ出場条件は?

今回は2026年に行われるFIFAワールドカップのアジア予選について解説します。

2026年のワールドカップ出場に向けアジアの舞台を戦いますが、本戦出場には長い道のりとなります。

そこで今回は、ワールドカップアジア予選の詳細についてお伝えします!

この記事でわかること
  • ワールドカップのアジア出場枠数
  • アジア予選概要

本大会のアジア出場枠

2026年のアジア枠は8.5枠用意されています。

前回大会までは4.5の出場枠だったため、ほぼ2倍増加するかたちとなりました。

いっすー
いっすー

2026年のワールドカップ参加チームが32チーム→48チームへ拡大されたため、アジアの出場枠も多く確保されることになりました!

アジア出場枠増加は、日本代表にとっても追い風ですね!

アジア予選

日本はFIFAランク上位のため一次予選は免除されており、2次予選からの参加となります。

アジア予選
  • 2次予選
  • 最終予選
  • アジアプレーオフ
  • 大陸間プレーオフ

それぞれ解説していきます!

2次予選

2次予選
  • 組み合わせ:4カ国×9グループ
  • 方式:ホームアンドアウェーの総当たり戦
  • 突破条件:各グループ上位2チームが最終予選へ進出

アジア1次予選を勝ち抜いたチームと、予選を免除されたチームで2次予選が行われます。

それぞれ4ヶ国ずつ9グループに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが最終予選へ進出します。

2次予選ではワールドカップへ進出するようなアジアの強豪国とは当たらないため、日本代表にとっては2次予選突破は比較的容易に突破ができると思われます。

いっすー
いっすー

前回大会の2次予選は8戦全勝だったよ!

ちなみに、2次予選の組み合わせはこのようになっています。

組み合わせ(グループB)
  • 日本
  • シリア
  • 北朝鮮
  • ミャンマー

アジア最終予選

最終予選
  • 組み合わせ:6カ国×3グループ
  • 方式:ホームアンドアウェーの総当たり戦
  • 突破条件:各グループ上位2チームがワールドカップ本戦出場

最終予選は6カ国ずつ3グループに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが本戦への出場権を手にします。

最終予選から、アジア強豪国との対戦が予想されるため、気が抜けない戦いとなります。

いっすー
いっすー

日本代表には是非1位突破をしてほしいね!!

なお、グループ3~4位のチームは残りの出場枠をかけてアジアプレーオフへ進出します。

アジアプレーオフ

アジアプレーオフ
  • 組み合わせ:3カ国×2グループ
  • 方式:一発勝負の総当たり戦
  • 突破条件:各グループ1位がワールドカップ本戦出場

3カ国2グル-プに分かれて、一発勝負の総当たり戦を実施します。

各グループ1位のチームはワールドカップ本選出場。

2位のチームは、残り1枠の出場枠をかけて大陸間プレーオフを目指すことになります。

大陸間プレーオフ

大陸間プレーオフ
  • 方式:アジアプレーオフの各2位のチーム同士が一発勝負を行う
  • 突破条件:勝者が大陸間プレーオフへの出場権を得る

アジアプレーオフでグループリーグが2位同士のチームが、大陸間プレーオフの出場権をかけて試合を行います。

勝者は大陸間プレーオフへ進出し、残り1枠の出場枠をかけて他大陸の国と戦います。

まとめ

出場国増加の影響により、これまでに比べて本選出場が容易になった日本代表。

ワールドカップでベスト8を目指すため、是非アジア予選では圧倒的な成績を残して本選出場を決めてほしいですね!

プロフィール
いっすー

スタジアム観戦歴20年、これまで300試合以上を現地で観戦。

小学生の頃からスタジアムへ通い、高校時代は、部員数50人のサッカー部部長を務めながらシーズンシートを保持。大学時代は取りたての免許でアウェイ遠征、現在は家庭の時間とJリーグの両立を目指す、そんなJリーグライフを送っています。

1人でも多くのサポの力になって、Jリーグを盛り上げたいです!

またJリーグ以外にも海外サッカー、日本代表、なでしこなどのサッカーを中心にその他スポーツ全般についても取り上げます。

Twitterもやってますので、もしよろしければフォローをお願いします。

いっすーをフォローする
日本代表
いっすーをフォローする
いっすーのサポブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました